毎日を前向きに生きていってやろうじゃない

男性
60代 男性

69歳の父の体験を投稿します。2021年11月に市の検診で肺がん疑いと12月に結果が通知されました。まさか肺がんとは思っておらず、骨折後の抜てい手術を優先し、2022年になり整形入院。整形退院後の3月に再検査をしました。CT・脳MRI・ 気管支鏡・PETCTだけでなく、副腎への転移の疑いでの検査もありました。副腎は良性腫瘍の可能性高いとのことでなんとか、5月に肺がんの手術をロボットにて、おこなうことができました。術前に胸椎転移があれば、胸椎を削るといわれました。結果は肺の外に顔を出しかけている状態の肺腺がんでした。胸膜浸潤とリンパへの転移が、認められステージはⅡBとのこと。ヘビースモーカーの父でしたので、肺がんの中でも別の種類と決めつけていた私(娘)でした。
ロボット手術といえど、痛みとの戦いが続く毎日。今後は抗がん剤が待っています。
周囲に肺がん経験者が少なく、検診結果を知った日は、父がすぐにでも死んでしまうのではないかと悲観していました。私が3週間で体重が5kg減ってしまい、水分しか取れない状況だったので地獄の日々でした。
そんな中、こちらのサイトにどれほど救われたか。
ブログなども見ましたが、同じがんでも同じステージでも10人十色。
毎日を前向きに生きていってやろうじゃない。



関連する体験談