がん検診の大切さを思い知らされました

男性
60代 男性

66歳の時、市の検診で疑いあり、精査診断結果は小細胞肺がんステージⅢからIVでした。自覚症状として、3カ月程前より、嚥下時の喉が詰まる感じ、胸痛、四十肩の症状がありました。その際医師から、喉の違和感、四十肩の症状は、既にリンパ節転移で腫れているからだと説明され納得。伯父、妹もがんでしたから、この時ばかりは、がん検診の大切さを思い知らされました。



関連する体験談