体験談に励まされました

女性
30代 女性

70歳代の母が、2018年秋に肺がんの疑いがあると言われ、2019年1月に左肺3分の1を摘出しました。無事に手術は終わりましたが、結果はやはり肺がんでした。肺がんの疑いがあると言われてからは、そのことばかりを考えてしまい、不安で仕方ありませんでした。母はもっと不安だったと思いますが、あまり考え込んでいない様子に救われることもありました。恐れずに少しずつがんに向き合ってみると、治療方法が進歩していることや、こちらの体験談をはじめ多くの体験された方々に励まされ、前向きに思えるようになりました。
母は元気そうですが、後期高齢者ということもあり、肺を切除したらどうなるんだろう、と私の方が不安になり、手術しない方がよいのではなどと考えることもありました。思わず先生に「肺を切除した後、歩けなくなったりしませんか?」と聞いてしまいましたが、先生に「歩けなくなってしまうような手術だったらしませんよ」と言っていただき、安心したことを覚えています。
術後は少し息があがることもありましたが、近くまで無理のない程度にお出かけしたり、思ったより元気で安心しました。先生方にとても感謝しています。



関連する体験談