前向きだった父を誇りに思っています

女性
50代 女性

77歳の父を、2019年3月に、肺腺がんで亡くしました。不調を家族に告げたのが昨年12月。わずか3ヵ月でした。その日まで現役で働き(自営業でした)、検査を経て翌1月末に入院後、帰らぬ人になってしまいました。家族として不調に気づくことのなかった自分。余命わずかとお医者様から告げられ、日に日に病状が悪化する父。最後に、聞いておかなければいけないことは聞いてくださいと言われましたが、聞けませんでした…。病気を治して家に帰りたいしか希望はないと思ったからです。

今はただ、苦しみやつらい闘病の時間が少なかったこと、入院前に親しい方々に「来週からハワイ?しばらく会えないよ」と元気に告げ、明るく元気なままの印象でみなさんのもとを去ることができたことに感謝しています。

今は良い薬があるからなと、俺の先生はスゴいんだと、前向きだった父を誇りに思っています。



関連する体験談