患者・医療従事者 - 座談会 -

医師だけでなく、薬剤師、看護師、がん相談支援センターなど、
患者さんやご家族の声を受け取ることのできる窓口が増えてきています。
まずは、どんなことでも遠慮せずに声をあげてください

川上:最後に副作用とうまくつきあうためのコツとメッセージを医療従事者からいただけたらと思います。

牧原:患者さんだけで悩む必要はありません。主治医の診察をサポートしている看護師さん、副作用管理で診てもらう皮膚科など他の診療科の看護師さんに相談してください。私たち薬剤師は必ず病院に勤務していますが、直接患者さんと接点が持てる窓口を、すべての病院が持っているわけではないかもしれません。ただ「薬剤師と話がしたい」と言ってもらえれば、先生や看護師さん、ソーシャルワーカーさんなどのコメディカルからきっとつながることができると思います。また、薬剤師への相談ではなく、同じ女性として、女性患者さんから男性医師に相談しにくい症状について相談されることもあります。薬剤師に限らず、看護師さんやコメディカルにも忙しそうだからと遠慮せずに声をあげて欲しいと思います。

《看護師》坂本 節子さん 坂本:がん診療連携拠点病院には、がん相談支援センターが必ずあります。患者さんが相談しにくいことでも、センターのスタッフから主治医の先生に伝えることもできます。根本さんと同じような皮疹で、がん看護外来に相談してもらったことで改善できたケースもありました。患者さんには、ひとりで頑張らずに頼っていただけると嬉しいです。

《看護師》坂本 節子さん

《医者》瀬戸 貴司先生 瀬戸:私は、看護師さんや薬剤師さんと協力して治療を進めたいので、診察室の目立つところに「相談支援室を使ってみませんか?」というパンフレットを置いています。病院によって状況は違いますし、医師の考えもさまざまですが、多職種で患者さんを支えるべきだという認識は広がっています。ぜひ、遠慮せずに患者さんからも声をあげて欲しいです。一度で通じなければ、二度、三度と声をあげてください。必ずその声を受け取るメンバーが近くにいるはずです。そして、患者会などでも、看護師さんや薬剤師さんに相談できるということを広めていただけるといいなと思います。

《医者》瀬戸 貴司先生

川上:患者さんが副作用について相談しやすい環境は整いつつあるということですね。今、副作用と向き合っている多くの患者さんたちが、おひとりで悩むことなく、医療者のサポートや先輩患者さんのエールを受けられることを願っています。ありがとうございました。