生活の糧であることはもちろん、生きがいや生活の満足度のためにも大切な「お仕事」。就労中から休職、求職中のそれぞれのお悩みについて、専門家である社労士の近藤明美先生にアドバイスをいただきました。

近藤明美先生

監修:近藤明美先生
近藤社会保険労務士事務所/特定社会保険労務士 キャリアコンサルタント。
(社)CSRプロジェクト(Cancer Survivors Recruiting)にも参画し、長年にわたって、がん経験者の就労相談に取り組んでいる。

1.就労中の悩み

がんと告知されると、まず「仕事をどうしよう」と考える方は多いもの。安心して治療を受け、仕事を続けていくために、どのようなことを考え、調整するとよいのでしょうか?

2.休職に関する悩み

治療に専念するためとはいえ、「戻りにくくなるのではないか」「このまま退職させられるのではないか」と休職に不安を感じる人もいます。安心して休職するにはどうしたらよいのでしょうか?

3.求職中の悩み

治療も一段落したところで、心機一転、仕事を始めようとするときに、どうしても気になる病気のこと、お金のこと…。求職活動をする上で役に立つ支援サービスなどについて伺いました。

4.相談先に悩んだら…

収入に関する支援は、年齢や勤続年数、世帯年収などによっても異なります。個別に相談するのは大変なので、ご自身がどの支援を受けられるのか、どんな手続きが必要なのか、トータルな情報提供ができる相談窓口で相談することをおすすめします。

お答えいただいた近藤先生からメッセージ

患者さんによって、お悩みの内容も解決の方法も異なります。特に労務や保険関係は制度が複雑なこともあり、調べるだけでも大変でしょう。ぜひとも無料の相談窓口を活用するなど、専門家を上手に利用して、ストレスなく安心して治療に専念できる環境を手に入れてください。

近藤明美先生

近藤明美先生
近藤社会保険労務士事務所、特定社会保険労務士、キャリアコンサルタント。
(社)CSRプロジェクト(Cancer Survivors Recruiting)にも参画し、長年にわたって、がん経験者の就労相談に取り組んでいる。