病状や治療内容によっては、食事に関して主治医の判断が必要な場合があります。
適切な食事・栄養については、主治医とよく相談してください。

治療に取り組む体づくりのために大切なEPAやBCAA。これらをおいしくとれる2品です。さば缶、いわし缶は、種類も豊富で骨もやわらかく食べられる重宝な食材です。また、きのこのマリネは、季節折々の材料で作ることができ、何度食べても飽きることがありません。

さば缶パスタときのこのマリネ

材料(2人分)

<さば缶パスタ>

パスタ 140g
さばの水煮缶 1缶
青ネギ (パクチーまたはパセリ、茹でたブロッコリーでも)適宜
唐辛子 1本
オリーブオイル 大さじ1
にんにく ひとかけ
醤油、コショウ 適量

<きのこのマリネ>

好みのきのこ (マッシュルーム 1/2パック、しめじ 1/2パック、生シイタケ 2枚、
マイタケ 1/2パック、エリンギ 1/2パックなど)
赤パプリカ 1/2個
マリネ液 (酢 大さじ2、オリーブオイル 大さじ3、レモンのしぼり汁 1/2個分、
塩・コショウ 適宜)
おろしにんにく 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
緑の葉 (青しそ、三つ葉、パセリ等好みの葉)適宣

作り方

<さば缶パスタ>

  • パスタをゆでる。
  • さばの水煮缶を開け、缶汁をきって大きめにほぐしておく。青ネギは小口切り。
  • フライパンでオリーブオイルとにんにく、唐辛子を熱し、香りを出す。さらにさばの水煮缶を加えて炒める。ゆで上がったパスタとゆで汁大さじ1〜2杯を加え、醤油とコショウで味を調える。青ネギをちらす。

<きのこのマリネ>

  • きのことパプリカを食べやすい大きさに切る。
  • フライパンにオリーブオイルとおろしにんにくを加えて火にかけ、香りを出す。次に、きのことパプリカを加え、炒める。
  • マリネ液を調整し、炒めたきのことパプリカを漬け込む(21〜22時間程度)。
  • 盛りつけの際に好みの緑の葉をちらす。

Point

きのこのマリネは1週間程度日もちします。