俳句を始めてみたいけど、何を詠んだらいいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。そんな時は、俳句の素材を求めて戸外を散策する「吟行」に出かけましょう。前回に引き続き、俳句雑誌「鷹」の編集長である高柳克弘先生と一緒に公園を歩きながら、吟行の楽しみ方、自然観察のポイントを伺いました。

ゆるっと俳句散歩 Vol.2<実践編>

自然は季語の宝庫。見て、触れて俳句の世界を体感

今回は公園を散歩して自然に触れながら、身の周りにある季語を見つけたり、目にした情景をことばに書き留めたりしながら、実際に俳句を詠んでみるところまで挑戦します。でも、初めての吟行でどこに行けばいいのかわからないという方も多いかもしれません。

「歩くところは、山や湖、神社仏閣などの名所旧跡でもいいですが、わざわざ電車や車で出かけなくても、近所の公園や庭園をぐるっと一周するだけでもいいでしょう。そこで自然や風景を見ていると、意外にたくさんの季語が存在していることに気がつくはずです」と高柳先生。

俳句を詠もうとすると、つい家の中で黙々と作るようなイメージがありますが、できるだけ外へ出て俳句を作る習慣を身につけると俳句も上達するそうです。

「普段目にしているものや、自分の知っていることばだけで俳句を作ろうとすると、ありきたりの句になってしまいがちです。自然は俳句の材料が溢れる宝庫。花、樹木、空、鳥など、たくさんの季語に出会うことができます。自然の風景に身をおいて、どんなことばが思い浮かんだか、どんな景色に感動したのか、しっかり観察するのが吟行の第一歩。はじめから句を詠もうとする必要はありません。例えば、鳥が飛んでいる、花が咲いているなど、目にしたもの、触れたものなどをありのままに書き留めておくことが大切です」

<観察のポイント>

観察のポイント 木→木の触感や枝の状態、連なり方など 空→天候、雲、空の色、日差しの明るさなど 池→水辺にいる鳥がどのような様子でいるのかなど 植物→どんな植物がどのように生えているかなど 人→どんな人がいるか、どんな服装かなど 観察のポイント 木→木の触感や枝の状態、連なり方など 空→天候、雲、空の色、日差しの明るさなど 池→水辺にいる鳥がどのような様子でいるのかなど 植物→どんな植物がどのように生えているかなど 人→どんな人がいるか、どんな服装かなど

目に見える範囲だけでも、観察のポイントがたくさん!

見つけたのは一本の大木。いたるところに季語が

  • 一本の大木
  • 落ち葉(おちば)

    木の下で見つけた「落ち葉(おちば)」は冬の季語。

今回訪れたのは東京都内にある国営昭和記念公園。池や森、庭園、運動場にサイクリングロードと、広々とした敷地に花や樹木などの自然が溢れ、吟行にぴったりの場所です。

公園に入って初めて出会ったのは一本の大木。すると、先生がなにやら木に鼻を近づけていますが…。

「この木も立派な冬の季語『枯れ木(かれき)』になります。この公園には落葉樹がたくさん見られますが、『冬木立(ふゆこだち)』『寒林(かんりん)』という季語にもなります。俳句の世界では、四季折々に咲く花や木はそのまま季語になることが多いものです。外に出かければ季語に苦労することはありません。

次にこの木に触れてみましょう。どうやら昨日の雨で湿っているようですね。匂いを嗅いでみると、古い木の香りがします。続いて木の周りを見渡すと落ち葉がありますね。こうした目についたもの、感じたことなど、気づいたことはメモ帳(句帖)に書き留めておきましょう」

ゆるっと俳句散歩

  • 公園を散歩する親子

    高柳先生は公園を散歩する親子に注目。なんと、子どもの持つ「なわとび」も冬の季語なんですって!

  • 着ぶくれて(季語)自転車四人連れ立ちて 枯れ枝(季語)を引きずり片言でしゃべる

    高柳先生が即興で詠んだ俳句。
    俳句は即興の文学だと改めて実感します。

先生にお話を伺っている最中に、偶然自転車でサイクリングコースを走る人たちが見えました。先生は早速メモを取っています。

「観察するのは何も植物や花だけではありません。公園を行き交う人も観察の対象です。例えば、どんな自転車に乗っているか、どんな服装をしているか。特に防寒のためのコートやブーツ、マフラー、手袋も冬の季語になります。『厚着(あつぎ)』『着膨れ(きぶくれ)』などは、少しユーモアのある季語。
見たままの映像や思い浮かんだことばを忘れないようにメモに残しておきましょう」

でも、季語を一つひとつ覚えるのは大変です。覚えるコツはあるのでしょうか。

「季節の季語を集めた歳時記を使うのがおすすめです。吟行に出かける前に、どんな季語があるのか事前に調べておいたり、散歩中に見かけたものが季語になっているかどうか見てみたり。

歳時記には季語だけでなく、季語の言い換え方が載っているため、五・七・五の音数にうまくことばを当てはめられない、使いたい季語が今の季節に合っていないというときに、代わりの季語を見つけることができます。吟行の際にはメモ帳と一緒に持ち歩くと便利です」

季語を言い換えると俳句を作りやすくなる!

  • ボート
  • 写真撮影

    気になったものはどんどん写真に撮りましょう。
    「被写体だけでなくその周りにあるものなど、『構図』を意識しながら撮影することで句を作りやすくなります」と高柳先生。

先生のアドバイスのもと、自然を観察するうちに少しずつ吟行のポイントがわかってきました。

ふと私たちの目にとまったのは、水辺に浮かぶ色とりどりのボート。人は見当たりませんが、暖かい季節なら人で賑わう場所だけに、その様子が気になりカメラ付きの携帯電話で写真撮影。
早速、歳時記で「ボート」を調べてみるとどうやら夏の季語のようです。

「確かに『ボート(ぼうと)』は夏の季語であるため、今の季節には合っていませんね。そんな時は、先ほどの歳時記の使い方でお話したように、『冬のボート』と言い換えても問題ありません。
こうした言い換えの仕方を知っておくと、俳句を作りやすくなりますよ」

カラスは年中いる鳥であるため、季語になりませんが、季節を感じさせる「寒」と合わせれば「寒鴉(かんがらす)」に。
赤い花をつけていた「ツバキ」は春の季語ですが、同じように「寒」と合わせれば「寒椿(かんつばき)」というように次々と季語の言い換えに成功しました!

  • カラス 寒鴉

    同じところに止まったままじっとしているカラス。
    「寒鴉」とすることで冬の季語に。

  • ツバキ 寒椿

    春の季語「ツバキ」も「寒椿」とすることで冬の季語として読むことができます。

一期一会の出会いを探す

一期一会の出会いを探す

先生のガイドのもと、季語を探しに公園内を散策してみると、常緑樹が目につきます。俳句の材料を集めるには春や夏のほうがいいのでしょうか。

「そんなことはありません。どんな季節にも必ず季語はありますし、この季節は少しずつ花のつぼみが膨らみ始め、春の訪れに立ち会えるのもこの季節ならでは。また、冬には冬の珍しい季語に出会うこともあります。例えば、あの木の上を見てください」

先生に促されて木の上を見てみると、お正月の風物詩「凧」が木の上に引っかかっているのが見えます。

  • 凧(たこ)いかのぼり
  • 赤いポスト 枯園(かれその)

「『凧(たこ)』は春の季語ですが、『いかのぼり』と詠めば新年の凧を指し新年の季語として使うことができます。こうした風景は春や夏に見ることはできませんよね。おそらく新年早々親子で凧揚げをしていて、風に飛ばされて偶然この木に引っかかってしまったのでしょう。その時の子どもの表情や想いを思い浮かべると一気に俳句の世界観も色濃いものになります。

また、ポツンと立っている赤いポストの背景には『枯園(かれその)』が見えますが、色が明るいものと暗いものを対比させることで、新鮮なイメージを与えてくれます。俳句だからといって、無理に難しいことばを使おうとする必要はありません。大切なのは、自分の心が揺り動かされた小さな感動を、日常生活で使っていることばで素直に表現することです。こうした一期一会の偶然を大切にすることで、吟行の楽しみが広がると思います」

冬の公園で見つけた花の季語

  • 臘梅(ろうばい)

    臘梅
    (ろうばい)

    晩冬
  • 水仙(すいせん)

    水仙
    (すいせん)

    晩冬
  • 三色菫(さんしきすみれ)

    三色菫
    (さんしきすみれ)

    晩冬
  • 梅(うめ)


    (うめ)

  • 節分草(せつぶんそう)

    節分草
    (せつぶんそう)

    初春

冬の公園にも季語を表す花がたくさん! 自然の中を散歩しながら、季語を探したり、自然の変化を見つけたりするだけでも気持ちがいいものです。俳句の世界では基本的にその季節を詠むのが一般的ですが、これからやってくる季節を題材に俳句を詠むのもおすすめだそうです。

俳句を詠んで先生に添削してもらいました!

俳句を詠んで先生に添削してもらいました!

吟行した後は句会に俳句を持ち寄って、指導者の選を受けたり、参加者同士でお互いに批評し合ったりします。そのため、通常の吟行では添削は行いませんが、今回は特別に高柳先生に添削していただき、アドバイスをいただきました!

詠んだ句

高柳先生の添削

「この句はこのままでも良いと思います。ただ、“跳ねる子ら”という表現が、この場にいない読者にも、なぜ跳ねているのかが伝わるかどうか、というところはありますね。“寒鴉”と詠むと、自然に木から見ている様子は伝わるため、思い切って割愛してもいいかもしれませんね」

次の句を見ていただくと、「一輪だけ咲いた梅の花を見つけたという発見を描写できていてとてもいい」という評価をいただきました!

詠んだ句

高柳先生の添削

「ただ、俳句の世界では、なるべく内面的な感想や主観的なことばを交えずに表現することが良しとされるため、“可憐”ということばを使わずに可憐さを表現したほうが良いでしょう。

例えば、悪条件の中で懸命に咲く梅の花の『健気さ』を表現したいのであれば、“可憐かな”を“くもり空”や“水の上”とするのはどうでしょう。自分が詠もうとする対象の背景や情景など、周りにあるものを詠むことでよりいっそう表現の幅が広がりすっきりと引き締まった句になります」と高柳先生。

詠んだ句

高柳先生の添削

「これは、お花見の季節になると人で賑わうベンチの立場になって、花(桜)が咲くのを待ち遠しいという気持ちを詠んだ句と思います。気になるのは語順ですかね。文章のようになってしまうと、句が説明的になってしまい面白みが欠けてしまいます。例えば倒置法のように、“空ベンチ”と“花を待つ”を入れ替えると、俳句らしく変わります。

高柳先生のアドバイスをもとに句を推敲すると、難しい季語やことばを使っていないにもかかわらず、自然や人の表情、躍動感が生き生きと伝わるから不思議ですね。
今回の記事を俳句作りのヒントにしながら、吟行を通して自然を観察してみることで、きっと新しい発見があるはずです。

監修の高柳先生からメッセージ

吟行に参加する際に、その土地の歴史を予習していくことは大切ですが、予備知識をもとに句を読もうとすると、先入観に縛られてしまい、視点がせまくなりがちです。できる限り心を白紙の状態にして、自分にしか発見できないような対象や偶然の出会いを見つけましょう。
俳句の材料を探しに出かける吟行は、初心者もベテランも同じ立場で、誰でも体験できる遠足のようなもの。ぜひ気軽に参加してほしいです。

高柳 克弘先生

高柳 克弘先生
俳人。俳人協会、日本文藝家協会会員。俳誌「鷹」編集長。これまでに数々の賞を受賞し、現在は「NHK俳句」、読売新聞夕刊「KODOMO俳句」の選者を担当。