日本人に多いEGFR遺伝子変異

非小細胞肺がんの細胞の表面にはEGFR(上皮成長因子受容体)と呼ばれるタンパク質がたくさん発現しており、このEGFRは、外部から刺激を受けると、がん細胞が増殖するのに必要な信号を細胞内に伝える役割を担っています。

非小細胞肺がんにはこのEGFRを構成している遺伝子の一部(チロシンキナーゼ部位)に変異が認められる腫瘍があることがわかっています。
変異のなかにはEGFRのスイッチを常時ONにして、がん細胞の増殖を促すものもあります。

EGFR遺伝子変異は、日本人の非小細胞肺がんの患者さん全体の30〜40%に認められます。欧米人よりも日本人などのアジア系の人種、男性よりも女性、たばこを吸う人よりも吸わない人に多く、非小細胞肺がんのなかでも腺がんの患者さんに多いことがわかっています。

日本人に多いEGFR遺伝子変異

遺伝子変異とは、遺伝子(DNA)を作っている塩基(アデニン(A)、グアニン(G)、チミン(T)、シトシン(C)の並び方が正常な場合とは異なっている状態のことです。

EGFR遺伝子変異には、いくつかのパターンがあります。特に発現が多い遺伝子変異は、EGFR遺伝子のなかのエクソン19という部位の一部がなくなっている「エクソン19欠失」、エクソン21という部位の塩基の並びが入れ替わっている「L858R点変異」です。

また、たばこを吸う人はEGFR遺伝子変異が認められる割合が低い傾向がありますが、腺がんであれば喫煙者の約30%に変異が認められます。

こうしたことから、性別、喫煙歴、がんの種類(腺がん・非腺がん)などの患者背景に関係なくEGFR遺伝子変異検査の実施が勧められます。

肺がんの治療薬であるEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)は、EGFR遺伝子変異のある患者さんで効果の高い薬剤といわれています。また、非小細胞肺がんの扁平上皮がんでは、EGFR遺伝子変異の発現頻度がとても低いことがわかっています。このため、扁平上皮がん以外の組織型の非小細胞肺がん患者さんは、薬物治療を開始する前にEGFR遺伝子変異検査を行い、陽性の場合にEGFR-TKIを使うことが推奨されています。

EGFR-TKIは従来の化学療法に比べ、がんを小さくする効果が高い薬剤ですが、長期間使用していると効果がなくなる“耐性”を生じることがあります。耐性を生じる原因のひとつに「T790M」という新しい遺伝子変異の発現があります。