がん免疫療法は、患者さん自身がもつ免疫の働きを高めたり、がん細胞による免疫の抑制を解除して、免疫によるがん細胞の排除を促す治療法です。非小細胞肺がんでは、免疫チェックポイント阻害剤を用いて免疫の抑制を解除するがん免疫療法が保険適応となりました。この治療の対象となるのは切除不能な進行または再発の非小細胞がん患者さんです。現在国内で、非小細胞肺がんに対して保険適応となった免疫チェックポイント阻害剤は、抗PD-1抗体、抗PD-L1抗体と呼ばれる薬剤です。

免疫の司令塔ともいうべきT細胞は、がん細胞に特有のタンパク質を認識すると活性化し、そのタンパク質を発現しているがん細胞を攻撃します。一方でT細胞には免疫の働きが過剰になるのを抑えるために、PD-1という受容体が備わっており、そこにPD-L1という物質が結合すると、T細胞の活性は低下し、がん細胞への攻撃をやめてしまいます。がん細胞のなかにはPD-L1を発現して、T細胞の攻撃から逃避して生き延びるものができてきます。抗PD-1抗体はT細胞に発現したPD-1に、抗PD-L1抗体はがん細胞に発現したPD-L1に直接結合し、がん細胞による免疫の抑制を解除します。
このように抗PD-1抗体と抗PD-L1抗体はT細胞のPD-1とがん細胞のPD-L1の結合を防ぎ、T細胞の活性を維持し、がん細胞を排除しようとする薬剤です。

免疫細胞にブレーキがかかる仕組み