肺がんの放射線治療とは

放射線をあてて、がん細胞を死滅させることを目的とする治療方法で、手術と同じく、局所療法の1つです。

放射線のあたらない場所にあるがん細胞に対しては効果が期待できません。
そのため、離れた場所に転移がある場合(遠隔転移)には、化学療法や免疫療法など、遠隔部分への治療も考慮する必要があります。

放射線治療装置と照射範囲

放射線治療は、がん細胞のある部位とその周辺に放射線を照射するので、薬物治療に比べると全身への影響が少なく、また、手術と違って臓器の形が変わらない点がメリットです。年齢やその他の病気が原因で手術や薬物治療を選択できない患者さんにも行える治療です。

放射線治療には、がん細胞を死滅させて治癒を目的とする“根治的放射線治療”と、がん細胞を減らし症状を和らげることを目的とする“緩和的放射線治療”があります。

非小細胞肺がんのI~II期(ステージ1~2)で手術を希望しない患者さん、高齢または他の病気などの理由で手術ができない患者さんには、根治的放射線治療が行われます。III期(ステージ3)で手術ができない患者さんには、根治的放射線治療だけを行う放射線単独療法、または抗がん剤治療(化学療法)と根治的放射線療法を同時に行う化学放射線療法が行われることがあります。

限局型小細胞肺がんのI期(ステージ1)で手術ができない患者さんでは、化学放射線療法または放射線単独療法を行うことがあります。I期(ステージ1)以外でも、全身状態が良ければ、化学放射線療法が行われることがあります。また、最初の治療がよく効いたら、脳への転移を防ぐ目的で予防的全脳照射が行われることがあります。

根治的放射線療法ができない患者さんでは、症状を和らげるために緩和的放射線治療が行われます。骨転移や脳転移への放射線治療も症状を和らげることを目的としています。

放射線治療の種類と方法

・症状を和らげるための放射線療法

がんにより症状が出ている部分にだけ、症状を和らげる目的で、放射線を照射することがあります。
骨への転移による痛みや脳への転移によるいろいろな症状に対する放射線療法が代表的です。

・脳転移・骨転移に対する放射線療法

脳全体に転移があるときには全脳照射、転移が1~4個のときには定位放射線照射を行います。

・早期非小細胞肺がんで用いられる放射線療法

肺癌診療ガイドライン2017年版では、何らかの原因で手術ができない早期の非小細胞肺がんには、放射線単独療法が薦められています。

・III期(ステージ3)非小細胞肺がんでの放射線療法

III期(ステージ3)の多くは手術ができないため、抗がん剤を使用できるときは化学放射線療法、抗がん剤を使用できないときには放射線単独療法が推奨されています。ただし、胸水がたまっているときは、放射線療法は第1選択にはなりません。

・III期(ステージ3)非小細胞肺がんでの化学放射線療法

化学放射線療法は、放射線療法と抗がん剤(化学療法)を組み合わせて行う治療方法です。
IIIA期(ステージ3A)のうち、縦隔のリンパ節に転移があるときや手術で完全にがん病巣をとり除くことが不可能なとき、体力的に手術に耐えられないと判断されたとき、IIIB/C期(ステージ3B/C)で化学放射線療法に耐えられると判断されたときには、化学放射線療法が第1選択になります。

・小細胞肺がんで用いられる放射線療法

小細胞肺がんは化学療法が治療の中心ですが限局型の場合は放射線療法を併用します。
小細胞肺がんは脳への転移で再発することがかなりの頻度でみられるため、最初の治療で効果が十分に得られた場合は、脳への転移を防ぐために予防的全脳照射が行われます。

放射線療法で起きやすい副作用

放射線療法による副作用は主に放射線を照射した部位に起き、主な副作用には肺臓炎、食道炎、皮膚炎などがあります。副作用が起きたら、それらの治療を行いながら、放射線療法はできるだけ休まずに行います。

肺臓炎は、放射線によって肺に炎症が起こることで生じます。咳や発熱などの症状がある場合は、医師に報告して治療を受けてください。

食道炎は、胸部に放射線を照射したとき、その範囲内に食道がある場合に生じることがあります。食事のときに胸の痛みなどを感じたら、医師に報告して治療を受けるとともに、食事は刺激の強いものを避け、やわらかく水分の多い料理を選んでください。

皮膚炎は、放射線を照射した範囲の皮膚に炎症が起こることで生じます。赤みを帯びたり、かゆみを感じたりします。医師に報告して治療を受けるとともに、炎症の部位をかいたり、こすったりしないように心がけてください。