肺がんの皮膚転移とは

肺がんの皮膚転移の症状としては、一般的には結節型(塊のようなできものができる)、炎症型(発赤などの皮膚に炎症が出る)、強皮症型(皮膚が硬くなる)があるとされ、その中でも結節型が多いといわれています。痛みに関しても個人差があり、自発痛(何もしなくても痛いと感じる)、圧痛(触ると痛みを感じる)がある人もいれば、痛みを感じない人もいます。
さらに進行すると細胞が壊死して潰瘍を形成する場合もあります。潰瘍の症状としては、自発痛を感じたり、体液や血液がにじみ出たり、細菌が感染して生じる独特の不快な臭いなどがあげられます。

肺がんが皮膚に転移する確率

一般的にがんの皮膚転移は、がんが発症した臓器の近傍の皮膚に発現しやすいといわれています。
しかし、肺がんが皮膚に転移する確率は比較的低く、発生率は3%程度といわれています。